FAQ

新しいFAQ項目を追加した際にはTwitterにてお知らせしています。私たちのTwitterアカウントをフォローして下さい。 (@plastics_ja).

Safari機能拡張を「ON」にしたのに、Safari上で選択したテキストがHasteサーチウィンドウのサーチフィールドに自動的に入りません。

そのような場合には、現在開いているページをリロード(リフレッシュ)してから、再度お試しください。特に、Safari拡張機能をはじめて有効にした際、機能を有効にする前から開いていたページではリロードしないと拡張機能が作動しませんのでご注意ください。

Hasteをアンインストールしても、Safari拡張機能がSafariの「環境設定」の「機能拡張」から消えません。

Safari拡張機能を消すには、すべての「Haste.app」(ベータ版の場合は「Haste-beta.app」)ファイルをコンピュータから削除し、Safariを再起動してください。コンピュータにひとつでも.appファイルが残っていると、そのアプリのSafari拡張機能は除去されません。

Safari機能拡張の設定画面でHasteの機能拡張とともに表示される警告文が気になります。

その警告文はSafari機能拡張で表示されるApple社による一般的なものです。Hasteはそこで危険性が指摘されているような行為は一切行っておりません。詳しくはこちらの Privacy Policy のページをご覧ください。

ベータバージョンにおける私のHasteサーチのデータは正式版でもそのまま利用できますか?

ベータバージョンのHasteサーチのデータは、使用期限後も「書き出し」が可能です。書き出したファイルを正式版に読み込むことで正式版でも引き続きご利用頂けます。

ベータバージョンとMac App Storeでリリース予定の正式版の違いは何ですか?

App Storeバージョンは、フリーミアム形式でのリリースとなります。ベータバージョンとApp Storeバージョンには機能的な違いなどは基本的にはありませんが、App Storeの無料バージョンには、ベータバージョンにはない利用可能なカスタムサーチの数の上限があり、App内課金により無制限にご利用できるようになる予定です。また、ベータバージョンには各バージョンごとに使用期限が設定されています。使用期限に達した際は新しいプレビュー版、もしくは正式版をダウンロードして下さい。